■ その三味線と継手の形に合わせて手づくりで造ります。


仮継は、三味線を三つ折れにして持ち運ぶときや、発送するときにホゾを保護するのに必要なものです。
多くの場合、紅木の三味線を購入したときに仮継がセットになっていますが、購入店によってはセットになっていなかったり紛失したという方もいらっしゃるので、ご要望があれば朴の木(ほおのき)という木材でお造りしています。

仮継はその三味線の棹の形(太さや丸みなど)、継手の溝の形に合わせてひとつひとつ造られているので、他の三味線の仮継で代用できるものではありません。
普段仮継を使うことがなくても、大切に保管してくださいね。

余談ですが、別の三味線の仮継をつけて棹を送って来られる方がたまにいらっしゃいます。
当然きちんとはまらないので仮継がホゾに対して少し浮いた状態になっているのですが、この状態で運送されてきたのかと思うと毎回ゾッとします…。
ホゾは壊れやすく、合わない仮継を無理に入れようとすると最悪ホゾが逝きます。
別の仮継を中途半端につけるくらいなら、エアキャップで保護する方がずっと良いですよ。

溝なし 21000円/1本溝 24000円/2本溝 31000円